キャリアプランニングの選択肢とデメリット

仕事を続けスキルが身についてくると、今度はさらに難しい上位の仕事が目指したくなる。しかし、仕事に慣れてから、ステップアップの選択が難しいという結果になることも多い。将来のキャリアアップを目指すのであれば、第一手となる始めの仕事選びこそが重要である。将来の仕事のステップアップという可能性も考慮に入れた上で、始めに仕事を選択した方がいい。プランニングを通して目標を持ったほうが、仕事に対して張り合いをもって挑むことができる。

仕事によっては、ステップアップの選択肢が狭い事もある。しかし、選択肢が狭いということは、必ずしもデメリットではない。選択肢が狭い分だけ、惑わされる要素が少ないとも考えることができる。キャリアのプランニングを立て、その通りに仕事を選んできたものの、予想とは反していたということも多い。選択肢が広い分だけ、自身にあった最適な次の仕事のプランニングが立てにくいというデメリットもある。選択肢が狭ければ、全てのキャリアの進むべき道について、十分な情報収集と検討を行う事ができる。選択肢が広いことがメリットとなるとは限らない。

いずれにしても、将来の仕事の選び方については、始めの仕事選びの際に十分に計画を立てたほうがいい。また仕事のステップアップの計画を立てたならば、それを実現できるように行動することもまた大切である。計画は実行してこそ意味があるものであり、実現して初めてメリットが活かされる。

No Comments

This post is password protected. Enter the password to view any comments.

Post a Comment