ニーズを読んでのキャリアのプランニング

人材市場は、需要と供給のバランスにより支えられている。企業が求めている人材の条件に該当するほど、仕事を獲得しやすく待遇も充実する。そのため、企業が求めている人材の条件について知ることは、仕事のキャリアをプランニングする上で必要不可欠なことである。需要に合った仕事の選び方をしてこそ、自身の能力を有利に売り込むことができる。

ただし、人材の市場は常に変化を続けている。そのため、現状でニーズの高い人材の条件が、必ずしも今後も常に通用するとは限らない。特に状況の変化が激しい傾向が強い業界では、時間の経過と共に企業から求められている人材の条件は頻繁に変わる。当初立てていたプランが、時代の変化と共に変わる可能性があるため、それに伴いプランニングの変更を余儀なくされることもある。このことから、状況に合わせてキャリアのプランニングを考え直すと共に、時代の変化の中でもニーズが変わらないスキルを強化することが有効である。

ビジネスをこなすにあたっては、基本的な能力が求められる。コミュニケーション能力や、情報収集能力、状況判断能力などは、いつの時代にも変わらないビジネスのスキルである。これらの基礎能力が高ければ、おおよそどのような職場でも仕事をこなしていける。その上で、企業が現状で必要としていたり、今後ニーズの高さが期待できる末端の技能について習得しておけば、企業が求めている人材の条件がカバーできる。

No Comments

This post is password protected. Enter the password to view any comments.

Post a Comment